資格取得方法と訓練費用

今回はパイロットになるための1番の近道から何としてでも夢を叶える方法とそのための必要資金について書いていきます!

自社養成訓練
この方法は至ってシンプルで、就活時に自社養成訓練生枠として採用されることです。
現在日本で行っているのはANA、JAL、PEACHの3社くらいです。
なーんだ簡単じゃんと思うことなかれ、なんとこの採用倍率は100倍を超えます。さらに高学歴の方もぞろぞろいます。かなり厳しい確率です。
しかし、パイロットにおいて学歴はあまり重要では無く、コミュニケーション能力を始め、多くの能力を平均的に有していることが大事です。
費用としては“0”ですね。訓練中も会社から給与を貰えます。
1番安上がりなのはこの方法になりますね。

航空大学校
日本唯一の国立パイロット養成学校です。
出願資格として、大学に2年以上在学し一定単位数以上を取得していることです。
こちらもかなり倍率は高いですが、自社養成よりは低くなります。
学費は国立大学と同等くらいで在学期間は2年ほどです。

私立大学(東海大学、桜美林大学、法政大学、崇城大学等)
この方法は私立大学の航空操縦専攻に進学する方法です。
現在注目されていますが、上の2つに比べれば倍率はいくらか下がるでしょう。
しかしどの学校も学費は2000万円ほど掛かると考えてください。今はパイロットを目指す方のために特別に奨学金も出ていますので検索してみてください。

航空自衛隊
シンプルに航空自衛隊員として採用されることです。
もちろん費用は“0”です。

ジェネラルアビエーション
一般のフライトスクールに通い、資格を取得します。
こちらは私立大学に比べ、費用はいくらか安くなりますが800万ほどは掛かると思います。さらに学校や会社との両立になるとかなり時間がかかるでしょう。

以上紹介してきましたが、いかがでしたか?
意外と知らない方針があったのではないでしょうか。
自分で色々チャレンジすれば必ず方法は見つかるはずです!
人生の正念場だと思って、パイロットになる夢を叶えましょう!!

DAVID CLARK DC PRO ヘッドセット (43101G-01)(PNRモデル)

価格:61,270円
(2020/2/7 17:42時点)
感想(0件)

DAVID CLARK ヘッドセット H10-13S (40422G-01)

価格:48,730円
(2020/2/7 17:42時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました