航空

航空

ミスが起きやすい状況「3H」とは?

人間はミスをする生き物です。その中でもミスをしやすい状況や場面というものが、今までの統計などから判明しているので今回は覚えやすい「3H」という標語をご紹介したいと思います。内容はとても簡単なので、標語を覚えてミスが起きやすい場面でしっかりと意識できるようにしましょう!
航空

天気が悪くても着陸できる仕組みとは

どうやって飛行機は地上が全然見えない中で着陸しているのかと疑問に思ったことはありませんか?今回は飛行機があの細長い滑走路に着陸できる仕組みと、着陸に支障がでるいわゆる悪い天気の定義などを航空法を元に解説していきたいと思います。是非読んでみてくださいね。
航空

航空業界でよく使われる、RADARプロセスとは?

最近は起業ブームと言われますが、その中で「PDCAサイクルを回す」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。航空業界には安全を守るために過去の過ちを無駄にしないために「RADARプロセス」という言葉があります。PDCAを詳しく説明したものなので参考にしてみてください。
航空

不携帯は航空法違反!明日は我が身

先日のニュースでパイロットがライセンス不携行により、次便が玉突きで欠航になったという記事を見ました。この不祥事はたまに起きるのですが、パイロットしては明日は我が身として身が引き締まる思いです。今回は航空法をおさらいしながら確認していきたいと思います。
航空

パイロットなら絶対入る保険、ロスオブライセンスとは

健康が第一なパイロットなのですが、自己管理が出来る範囲には限界がありますよね。年齢とともに低下する視力や聴力も大きな問題です。そこでパイロットがもし健康面に問題が生じたときに守ってくれる保険があります。今回はそれに焦点を当てて解説していきたいと思います。
航空

日本で10000ftを超える山はいくつあるのか

火山大国と呼ばれる日本。飛行機を飛ばす上でも、標高が高い山についてはしっかりとした知識を持って、整理しておかなければなりません。なぜかというと、飛行機というのは緊急降下という操作を行う場合があり、そのときのターゲット高度となるのがちょうど山の標高付近だからなんです。
航空

フライトに絶対に必要な書類(航空法第59条)

車には車検証や免許を携帯しなければならないという法律があります。飛行機にもそれと似たような決まりが航空法で定められており、飛行機の方が車よりも携帯しなければならない書類は多いです。そこでその書類について航空法を基にまとめていきたいと思います。
航空

パイロットなら知っておきたい単位系

世界には国際単位系という、論文などで世界共通で使われる単位は決められています。しかし航空業界ではアメリカ製の飛行機が市場席巻していたため、いくつかの単位で国際単位系でないものが使われています。今回はそのいくつかの単位に焦点を当てていきたいと思います。
航空

近い将来パイロットは必要ない!?

1機に乗務するパイロットの人数は何人かご存知ですか?基本は2人のツーマンセルですよね。長距離国際線の場合には3~4人のときもあります。最近ではその人数に疑問が当てられて、航空機メーカーや航空会社は何とか人数を減らして人員不足に対応できないかを考えているみたいです。
航空

実は離陸の仕方には3種類あるんです

今回は実はあんまり知られていない航空関係シリーズとして「離陸」について書いていこうと思います。実はパイロットは空港の混雑状況や経済を考慮して、3種類ある離陸の方式の中から最適なものを選択しています。知っていると飛行機に乗ってからの暇な時間が少しは潰せるかも知れません。
タイトルとURLをコピーしました