ジェット気流

こんにちは!
最近、風強いですよねー離着陸の時なんかもかなり揺れますね、、、

そこで!

冬のフライトといえば、ジェット気流が巡航高度などを決める重要な要素になります。
ジェット気流って聞いたことありますか?

多分一度くらいは誰しも聞いたことありますよね!

ジェット気流の定義は

大気圏上層に位置し、偏西風により軸の中心風速60kt以上の気流

となってます。

ではこのジェット気流はいくつあるでしょう。

正解は大きくいえば2つです。

その名も

寒帯ジェット(ポーラージェット)と亜熱帯ジェット(サブトロピカルジェット)

と言います。

夏にはこの2つの気流はしっかり北と南で分かれているんですが、冬になるにつれて、2つのジェットが日本上空付近で合流するんです!!

その影響で冬の日本上空では10000m付近で50m/sを超える西風が常に吹いてます。

50m/sというと一昨年襲来した台風21号くらいですね(笑)
かなり強い風ですよね??

しかもこの風が一定の方向に吹いてれば揺れなくて良いんですが、このジェット気流というのは“うねり”があるんです、、、

つまり飛んでると風向風速が常に変化するので、揺れやすいんです!

だから冬は夏よりもベルト着用時間長くなりますが、どうかご理解くださいね。

ジェット気流については紹介してる気象学の参考書に詳しく書いてありますので、ぜひ見てみてください!

一般気象学第2版補訂版 [ 小倉義光 ]

価格:3,080円
(2020/2/13 15:52時点)
感想(2件)

プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本 気象のしくみと基礎知識から、天気図の読み方、異常気 [ 岩谷忠幸 ]

価格:1,650円
(2020/2/13 15:52時点)
感想(4件)

気象と天気図がわかる本 しくみ・読み方・書き方 ビジュアル徹底図解 [ 天気検定協会 ]

価格:1,683円
(2020/2/13 15:53時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました